あなたも参加しませんか?

こんなメンバーです

楽しく活動しています。

topbg_top.png

NEWS

高濃度ビタミンC点滴療法

2つのノーベル賞(化学賞と平和賞)を受賞した米国のライナス・ポーリング博士(1901~1994)により、がん治療にビタミンCが有用であることを提唱したのがその始まり。50gから100gもの大量のビタミンCを点滴で血管内に1~2時間で投与し、過酸化水素を発生させてがん細胞を殺す。副作用のない治療として近年、注目を集めている。

オゾン療法

「血液クレンジング療法」の名前で知られる大量自家血オゾン療法。自己免疫力を増強するのみならず、がん細胞の酸素化、正常細胞の活性化、抗酸化力の上昇、血流増加作用、幹細胞の刺激作用、基礎代謝の亢進による体温の上昇など、がん治療にとって必要な作用をいくつも持っている。治療時間は約30分で副作用がほとんどない。

αリポ酸点滴療法

α‐リポ酸は、リポ酸あるいはチオクト酸とも呼ばれる。国内の通常保険診療の分野では薬剤中毒性難聴やLaigh症候群など特殊な用途に使われ、サプリメントとして有名である。がん治療では、単独あるいはビタミンCなどと併用して点滴や内服で使用される。標準治療の副作用を軽減、発がんをコントロールすると期待されている。

免疫療法

免疫療法は、手術・抗がん剤・放射線治療に次ぐ第4の治療法として期待されている。免疫機構の非特異的免疫機構の獲得免疫系に作用をもたらし、異物排除や免疫記憶のより高次の特異的応答を誘導させることで病気を治療する。治療方法により、細胞免疫療法、ワクチン療法、サイトカイン療法などに分類される。

温熱療法

温熱療法とは、文字どおり体を温めて病気を治す治療法の総称。日本では古くから行われている湯治による治療が代表的な例。がん治療では、腫瘍細胞が正常細胞より熱に弱い性質に着目して同療法が行われるようになった。ハイパーサーミアによる治療、HSP(熱ショック蛋白)を誘導するマイルド加温療法などが知られている。

漢方薬

がん治療に漢方薬を併用している医師は少なくない。「漢方は、叩かれ損なわれた『患者さんを補う治療』である」、「有効成分の作用機序が明らかになりつつある漢方薬」、「がん化学療法の副作用を軽減するために、漢方薬を組み合わせることで対応が可能に」。本誌で特集した記事のタイトルだ。「がんの緩和療法」においても漢方の果たす役割は大きい。

低用量ナルトレキソン療法

ナルトレキソンとは、元々は麻薬中毒の治療薬として使われてきた薬。麻薬(モルヒネ)だけでなく、アルコール依存症、ギャンブル依存症、盗癖などの治療にも使われてきた。がん治療では、がん細胞の成長・分裂・アポトーシス(細胞死)をコントロールする治療として使われる。効果に差はあるが、ほとんどのがんに有効だと言われている。

topbg_bot.png

topbg_top.png

REPORT

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s.jpgシリーズ 『医療の現場から』
▶毎号、巻頭グラビアにおいて「がん治療」を実施している医療施設を紹介。大病院ではなく地域に根差した、統合医療を実施しているクリニックを中心に取り上げている。院長のプロフィールはじめ、クリニック設立の経緯、治療に対する理念、施設の特徴などを5ページに亘って詳しく紹介している。


p028_05.jpgインタビュー 『私のがん治療』
▶巻頭グラビアの「医療の現場から」においては、院長のプロフィールやクリニック全般を中心に紹介しているが、本コーナー「私のがん治療」では文字どおり、院長のがん治療の「方針」にスポットを当てている。巻末において、カラー2ページで紹介。がんの患者さんを前にした〝医師の思い〟が伝わってくる。


008-009 帯津良一の「養生塾」-帯津先生.jpg帯津良一の『養生塾』
▶「帯津三敬病院」の名誉院長を務める帯津良一医師。都立駒込病院の外科医を経て埼玉県川越市に病院を設立。のち東京都豊島区西池袋に「帯津三敬塾クリニック」も開設した。局所的に病気を診るのではなく、人間を丸ごと診るホリスティック医学を提唱。統合医療の大家が、心身の両面からがん患者さんに「養生」法を伝授する。


1.psd患者と医師のための『オーソモレキュラー医学情報』
▶オーソモレキュラーとは、栄養を補うことを通して健康を維持するための補完代替医療のこと。本稿の執筆者は、国際オーソモレキュラー医学会会長で点滴療法研究会会長を務める柳澤厚生氏。国内はもとより海外における国際会議などにも数多く出席し、幅広い見地から「患者」と「医師」に対し医学の最新情報を提供する。


p105_01.jpg「医師である私ががんになったら」
▶もし“がん”になってしまった場合、当然医師に診てもらうことになるが、医師によって治療法が異なる場合がある。そこで、医師自身のがんに対する考えや、がんになったらどのような選択をするかなどを、がん治療で活躍している先生方に聞く。


topbg_bot.png

おすすめスポット


ピックアップサイドバナー.gif

情報ファイルサイドバナー.jpg